手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので5話ネタバレ

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

 

お父さんが腰を動かすたびにそこに巣くっているみみずも頭の先っぽから根元まで私のおまんこにぐちゃぐちゃと出入りする。

指なんかの感覚の比じゃなかった。きつくねじれ、閉じていた私のおまんこの奥がみみずでこじあけられて広がっていく。

濡れすぎていたせいで痛みよりも違和感が、乳首を吸われていたせいで恐怖よりも快感が勝った。

しびれてきたのかおまんこが慣れてきたのか、みみずのつるっとした頭がごろごろと擦り付けられるお腹の奥が切なくなってたまらない。

「あううう、おしっこ、おしっこいきたいよお、おとうさ、おしっこおおお」

私は泣きながらまだ乳首を離してくれないお父さんの頭を抱いてねだった。

なのにおとうさんはみみずを抜いてくれない。

ごりゅん、とみみずの頭を私の一番切ない場所にぶつけて顔をあげると、両手の指で私の乳首をひねりあげてこりこりこりこりとつぶ、つぶし、

「うほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお♡」

切ないとこがぎゅうと縮んだ。

あう、みみずがびくびくしてるう♡。やらしい、あああ♡ 

 乳首を激しくしこらてる間絶頂がつづいて私は声を上げ続けた。だめえ、おっぱい、これ、おまんこをみみずで犯されて、おっぱいされたらだめえ、おとうさんんんん♡

「あ……♡あう……♡」

 

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!

漏らしちゃった……。

じょろろろとおしっこが漏れて、おとうさんのもさもさの黒いちん毛を濡らしてしまう。

怒られるかと思ったのに、お父さんはわたしのおまたの先っぽを撫でだした。

「これは、おしっこじゃないよ。ちんこいれられたくらいでジュースもらすなんていけないおまんこだ」

 おとうさんはそう言って私のおまたの先を割ってそこを、あっ、

「やあ♡ なにそこ、やああああ♡ やああん、あああああああ♡♡♡」

あとで知ったそこは、クリトリスというところだった。

ここがこんなに気持ちいい場所だということを、私は父に犯されて初めて教えられた。

こすられるたびに吐きそうなぞわぞわがおまたから胃に駆け抜ける。

それなのにいれられたままのちんちんまで動かされて、もうおとうさんのちんちんのことしか考えられない。

お父さんはちんちん、お父さんはわたしのまんこを雌にしたちんこ……。

不意にぞわっと乳首に針金が通ったような感覚がした。痛いほど敏感になってる。なにこれ、勝手に乳首が勃起してとまらない……。

【無料試し読みはコチラ】

▽   ▽   ▽

画像をタップ!!